STAFF BLOG

アイデアでるでるの戦略立案フレームワーク「クロスSWOT分析」

クロスswot分析

クロスSWOT分析は、会社やグループ、個人の目標達成のために、どのような戦略を取るのが良いかを考えるための、戦略立案フレームワークです。

まずは、SWOT分析から戦略を考える

S = Strengths = 強み
W = Weaknesses = 弱み
O = Opportunities = 機会
T = Threats = 脅威

とし、まずは会社やグループ、個人の特徴を把握します。

それぞれを分かりやすく言い換えると

  • S = 会社やグループの強みは何ですか?
  • W = 会社やグループの弱みは何ですか?
  • O = 市場や競合、法律などで、目標達成の助けになる事は何ですか?
  • T = 市場や競合、法律などで、目標達成の脅威・障害となる事は何ですか?

 

swot分析

単純にこれらを解決する方法を考えるのがSWOT分析での戦略立案となります。

  • どのように強み(S)を活かすか
  • どのようにして弱み(W)を克服するか
  • どのようにして機会(O)を利用するか
  • どうやって脅威を回避(T)するか

機会と脅威をなかなか書き出すことができない方がいますが、

下記の中から「自社に当てはまる機会・脅威」を考えてみると、頭に浮かんできやすいです。

  • 人口の変化
  • 政治
  • 法の規制
  • 顧客のニーズ
  • 文化
  • 流行
  • ライフスタイル
  • 自然環境
  • 国際情勢
  • 景気
  • 為替
  • 技術革新
  • 競合の動向

続いて、クロスSWOT分析から戦略を考える

SWOT分析での戦略立案方法は単純であり、誰でもスグに思いつく方法になります。

クロスSWOT分析は、SWOTを内部環境と外部環境に分け、それぞれを組み合わせて戦略を考える方法になります。

  • 「強み」と「機会」を最大限に利用して何ができますか?
  • 「強み」を活かして「脅威」をどのように克服できますか?
  • 「弱み」の影響で「機会」を逃さないためにできることはありますか?
  • 「弱み」と「脅威」が重なったとき、どうやって回避しますか?

クロスswot分析

いろいろやってみたが、なかなか上手くいかなかった時に、基本に戻ってグループや会社全体を俯瞰で見て、冷静になって考えてみようという時に使ってみると、案外スッキリとした戦略が出てくる可能性があります。

★クロスSWOT分析(アイデアでるでるβ版)はコチラで使えます★

上のツールでは、最終的にテキストで閲覧できるようにしています。そのままテキストをコピーして、企画書や提案書でご利用ください。


関連記事