Search

検索上位を目指すコンテンツSEOで
もっと検索に強くなる!

キーワードを盛り込むだけのSEOでは、今後競合に勝つことはできない!
検索で訪れてくれた人たちをガッカリさせない
良質なコンテンツを提供することで、必然的に上位表示されるようになる。
この自然な流れを検索エンジンは見ているのです。

コンテンツSEOって何?

コンテンツSEOって何?の画像

コンテンツSEOとは、
検索キーワードからの流入を目的とし、サイトに訪問したユーザにとって有益なオリジナルコンテンツを継続的に追加していくSEO施策です。
もともとSEO対策での「内部対策」にあたり、考え方としては特に目新しい対策ではありません。

コンテンツSEOの必要性が高まった要因としては、多くのユーザーがWEB広告に慣れてしまって、費用対効果が上り難くなってきていることや、Googleの検索エンジンは文脈を理解するようになってきており、今までのように「ただ単に目標キーワードがページ内に含まれていれば順位が上がる」という方法では順位が上がり難く、意味のある・価値ある良質なコンテンツである事が大前提となりました。

コンテンツSEO対策により、検索ボリュームのあるビックキーワードで上位表示を狙ったり、複合キーワードでも上位表示を狙うことで、検索流入の裾の尾を広げることが可能となり、より多くのトラフィックを期待できるのがコンテンツSEOです。

コンテンツSEOって
何をやったらいいの?

オリジナルブログを追加するというのが代表的な施策です。
完全無料のブログが色々とありますが、それはあくまでその企業の財産であり、
こちらの意図に関わらず強制的に広告が表示されたり、サイトの閉鎖や、アカウントの凍結、サイト方針変更など、
企業側の理由で記事が削除・消失等する可能性があります。
もしそれが収益を生み出しているブログなら・・・・

集客の可能性0 読者0 収益0 OH MY GOD!

オリジナルブログでの
正確な解析がカギ!

ビジネス目的で無料ブログを使う場合は、上記リスクを考慮しなければなりません。
解析に関しても明確に分析できない無料ブログも中にはあります。ユーザーの意図や行動が分析できないとコンテンツSEOを行う意味がありません。
その点、オリジナルブログで運用される場合は、解析も可能でユーザーの意図や行動を把握することが出来ます。
しかし、オリジナルブログを構築して、何でもいいから記事を書いたら良いという事ではありません。
こちらでも上位表示させたい目標キーワードや競合調査を行い設定するキーワードを意識して記事を作成する必要があります。

モニター

記事を作成する時に意識するべきポイント

  • アイコン1. 良質なコンテンツとは?

    サイトに訪れたユーザーとって有益な情報であり、問題や課題を解決できる記事でなければいけません。ユーザーの検索は「お悩み」・「質問」・「知りたいこと」であり、コンテンツSEOは「お悩み解決」であり「答え」です。

  • アイコン2. 独自性に長けているか?

    他サイトから引用されたコンテンツかどうかもGoogleの検索エンジンは理解します。他サイトからの引用や完全な記事のコピーは基本的にNG。しかし一部引用する場合は引用可能割合が存在します。
    1記事あたり=引用20%・独自性80%。この割合以内に収める必要があります。

  • アイコン3. 専門性に長けているか?

    記事内容に専門的な内容を盛り込み、訪れたユーザー誰もが頷く内容であれば、そのコンテンツは自ずと大きな効果を生み出してくれます。基本的には携わっているビジネスの分野を記事にすることで、プロフェッショナルな内容になります。そうすることでユーザーの評価を得やすく、検索エンジンからの評価も得られるはずです。

  • アイコン4. 設定キーワードを意識した記事制作

    検索したユーザーの意図や目的を汲み取る必要があり、それらを考慮し記事を作成をする必要があります。特に設定したキーワードとの関連性があるかが重要です。

コンテンツSEOにSNSを活用

SNSを活用することで、早期アクセス増加や検索順位アップが期待できます。

Googleが発表した「our mobile planet」という調査結果

スマートフォンユーザーのうち63%がSNSにアクセスすると解答
スマートフォンユーザーのうち41%が1日1回以上アクセスすると解答

モバイルユーザーの流入が増加すると・・・

  • ①Googleがサイトのトラフィックが増えていると認識する

    GoogleがCromeブラウザのユーザーやGmailユーザー等がダウンロードしたクッキーファイルにより、サイトのトラフィックが増えていることを察知してサイトの評価を高める。

  • ②SNSユーザーが自社のSNSのフォロワーになってくれる

    SNSユーザーがサイトの存在を知り、将来そのサイトが発信する情報もみたいと思った時にフォローしてくれます。

  • ③SNSユーザーのブログやサイトからの被リンクも期待できる

    自分のサイト訪問者に見て欲しい役立つ情報だと思ってもらえれば被リンクを張ってもらえる場合があり、それが良質な被リンクとしてGoogleは認識し、検索順位アップにつながります。

  • SNSユーザーが情報をシェアして拡散する

    シェアされるとさらに自社ソーシャルメディアのフォロワーが増えて①-③のサイクルが回転する。

モバイルユーザーから
シェアされるためのポイント

上記いずれかを得られるようにすることでシェアにもつながり、
モバイルユーザーの流入も増加します。

コンテンツSEOを行うにあたり基本的なことをご説明させて頂きましたが、
SEOコンテンツを行う上でまだまだ留意点などは存在します。
SEOの知識を持った上で正しく運用していく必要があります。
当社はそんな貴社のコンテンツSEOを幅広くサポート致します。

Point 気付きや学び 調べ物やその解決 娯楽癒し 感動

こんなことで悩む必要なんてありません!

「オリジナルブログが制作できない」
「どんなコンテンツをつくればいいかわからない」
「興味はあるけどリソースが無いので運用できない」

当社では解決に向け全てサポートが可能です!

  • 当社では様々なWEB制作を行っているので最適なオリジナルブログをご提供します。
  • コンテンツ設計から、検証まで幅広くサポート致します。
  • コンテンツ制作におけるライティングもご相談下さい。

SEOで必要な対策法は
コンテンツSEOだけじゃない!

上位表示を目指すためには様々な手法を
組み合わせて行う必要があります。

SEO対策その1

クリエイティブSEO

ユーザーを意識して、サイトをもっと使いやすくする。

検索結果から行き着いたページは関連性があるか?
文字の見やすさ、ボタンは押しやすく、関連性の低いリンクはないか?
など、これらのクリエイティブな部分を改善する必要があります。

詳しく見る
SEO対策その3

サイトSSL化

今や常識となったSSL化は必ず行いましょう。

SSLは様々な方法で認証されたサーバにのみ発行され、SSL化を行うことで信頼性を証明するものになります。これにより、サイトを利用するユーザに安心感を与えることができます。

詳しく見る

よくある質問

SEO対策に寄せられた
よくあるご相談をまとめています。
ご相談前の参考にご利用ください。

ホームページ制作について

どんなキーワードを選定したらいいかわからない。
キーワードの選定は、SEO対策の土台となる最も重要な部分です。
一見簡単そうに見えますが、検索ボリュームの多いキーワードで対策をすると、
コンバージョン率(成約率)が低くなり、費用対効果を期待できません。
より費用対効果の高いキーワードを見つけるには候補となるキーワードを選定し、
検索ボリュームや競合調査を行い、優先度を決めるという地道な作業を行う必要があります。
新しく始めた事業のため、まだホームページ自体がありません。制作依頼をする場合は何が必要でしょうか?
お問い合わせフォームに必須項目を入力してお送りください。お電話でも受け付けております。(06-6241-441906-6241-4419)お客様の商品やサービスがどういった形態のホームページで展開するのが最適か、ご希望のデザインはどのようなものかなどを、ヒアリングを通して確認しご提案いたします。 私たちがホームページでの集客に向けてお手伝いさせていただきます。
そもそも、SEOをよく知らない。
SEO対策を行なうには、専門の知識が必要です。
専門書やネットを見ても、その対策自体がすでに過去のものとなっていることも多く、
間違った方法で対策をしても上位化はされません。
場合によってはペナルティを受ける場合もあります。
また、上位表示された後も常に対策が必要で、変化に対して柔軟に対応しなければ、
順位が下がってしまう可能性があります。
相応のテクニックと知識を持ったSEO技術者がいなければ、自社でSEO対策をするのは非常に難しいのが現状です。

ご依頼・契約について

個人からの依頼でも制作してもらますか?
法人様・個人事業主様を対象としております。個人の場合はお受けできないこともあります。まずはご相談ください。
受注できない業種などありますか?
成人向け、出会い系、カルト宗教、反社会勢力の関わる団体・会社、犯罪に関わる内容、その他当社が不適切と判断した場合にはお請けできませんので、ご了承ください。

その他

チャットなどでの打ち合わせは可能でしょうか?
初回の打ち合わせは、なるべくお会いして行わせていただきます。確認等はメールやチャットで構いません。遠方のためお会いすることが難しい場合は、ビデオチャット等での打ち合わせも可能ですのでご相談ください。

Designed by Freepik and distributed by Flaticon