CREATIVE SEO

被リンクでの対策ではない、
「最新のSEO対策」
できていますか?

これまでSEO(検索エンジン最適化)が各社で行われてきました。
その内容は「被リンクを増やす」というものが大半でした。
時代は進み、Googleが「今後数年間でバックリンクの
重要性は薄れるだろう」と発表。
これにより、最も重要となるのは被リンクの数ではなく
「コンテンツの質」ということです。

※被リンク数を増やす方法は様々です。相互リンクをはってもらったり、リンク付きで掲示板などに投稿したり。
検索上位を目指し、このような方法を各社が行ってきたため、その方法自体が信用性に欠ける行為となって
しまいました。そのため、Googleはバックリンク(被リンク)の重要度は薄れると発表したのだと考えられます。

被リンクを増やす努力よりも、
コンテンツの質を上げることが重要

被リンクの重要度が下がれば、必然的に重要になってくるのがページそのものの「質」になります。

  • 誰が書いた
    記事なのか
  • 内容に
    嘘はないか
  • 内容は
    専門的か
  • ユーザーにとって有益か
  • ユーザーにとって便利か

これらを考慮の上で様々なページを作成していく事。
これが最新のSEO対策です。

あなたのサイトは
SEO対策ができていますか?

実際にあなたのサイトは下記のような条件を満たしていますか?

  • 常時SSL化にしていますか?
  • レスポンシブ対応になっていますか?
  • ユーザビリティを考慮していますか?
  • 関連性の低い内部リンクを
    非表示にしていますか?
  • 関連性の低い有料リンクを
    購入していませんか?

上記の内、1つでも当てはまる場合は、
しっかりとサイトを見ていく必要があります。

画像

弊社なら全て解決できる!

最新のSEO対策の項目は、サイトに訪れたユーザーの行動を表しており、
これらが意味する事は、サイトがユーザーにとって「良質なコンテンツ」かです。
良質なコンテンツかどうかにより、①~④の数値は大きく変わってきます。
ということは自ずとSEOにも大きく影響してくるといことです。

検索結果から行き着いたページは関連性があるか?
文字の見やすさ、ボタンは押しやすく、関連性の低いリンクはないか?
など、これらはすべてクリエイティブな部分であり、
SEOとクリエイティブは切っても離せない関係になっています。

SEO対策を行うためにはSEOの知識とクリエイティブ能力が必須となります。
当社ではそういった観点から「クリエイティブSEO」と位置づけています。

クリエイティブSEO

SEO対策その1

これまでのSEO対策

今までのSEO対策は、htmlのコードの見直しや被リンク数が重要とされており、特にソースコードの見直しは内部対策に分類されていました。

最新のSEO対策

最新のSEO対策として最重要項目

  • ①直接訪問数
  • ②サイト滞在時間
  • ③平均ページビュー
  • ④直帰率
※SEMRush社が発表した調査結果

CREATIVE SEO

クリエイティブSEOの
内部対策について

「良質なコンテンツ」

「ユーザービリティーの向上」

「クリエイティブの重要性」

内部対策:ノイズページを徹底的にカット

ノイズ

今までのSEO対策は内部対策としてhtmlのコードの見直しを行い、外部対策として被リンク数が重要視されていました。そういった対策も引き続き必要ではありますが、最新のSEO対策はそれだけでは上位表示がされなくなってきており、検索エンジンからの評価をもっと高くするためには、古いタグの使い方を新しいものに変えることや、表示速度などのパフォーマンス部分の見直し、関連性の低いリンクや重複リンクなどの「ノイズ」となる部分を徹底的に取り除く必要があります。
サイト順位の妨げとなる「ノイズ」は様々です。例えば上記一例に加えてレスポンシブ非対応になっているサイトや、内部リンクの内容表示箇所など「ノイズ」となる原因は様々で、場合によってはデザインを大幅に変更する必要がある場合もあります。

「ノイズ除去」もMARQSにお任せ下さい!

上位表示の妨げになっている部分を見つけ出し、
弊社のノウハウから導き出した「ノイズ除去」を行います。

クリエイティブSEOの
外部対策について

検索エンジンもAI技術により日々進歩しています。
昨今の検索エンジンは意味の無い被リンクや関連性の低い検索ワード、
検索ワードを入力した後のユーザーの行動や
被リンクサイトの内容などさまざまな事を理解するようになってきています。

外部対策:意味のない被リンクをカット

意味のない被リンク例

意味のない被リンクは自然な質の良い被リンクとはならず、いくらランクの高いドメインからの被リンクでも評価には繋がりません。
有料リンクなどであまりにもこういった被リンクが多い場合、ペナルティ対象サイトになります。
ペナルティを受ける被リンクは大きく分類すると、
・不自然なリンク
・関連性が全く無いその他リンク
・ページランクを転送する有料リンク
の3種類があり、これに該当する被リンクサービスを利用すると確実にペナルティを受けることになります。

SEO対策を行う上でこういった様々なリスクがあり、様々な情報がサイトで公表されている中、専門的な知識がなくSEO対策を行うことは非常に難しくリスクがあります。

SEOで必要な対策法は
クリエイティブSEOだけじゃない!

上位表示を目指すためには様々な手法を
組み合わせて行う必要があります。

SEO対策その2

コンテンツSEO

コンテンツを充実させることで、アクセスアップを狙います。

● SEO対策を起点としたコンテンツ制作が有利
● 閲覧者にとって有益なページが多くあった方が良い

詳しく見る
SEO対策その3

サイトSSL化

今や常識となったSSL化は必ず行いましょう。

SSLは様々な方法で認証されたサーバにのみ発行され、SSL化を行うことで信頼性を証明するものになります。これにより、サイトを利用するユーザに安心感を与えることができます。

詳しく見る

よくある質問

SEO対策に寄せられた
よくあるご相談をまとめています。
ご相談前の参考にご利用ください。

ホームページ制作について

どんなキーワードを選定したらいいかわからない。
キーワードの選定は、SEO対策の土台となる最も重要な部分です。
一見簡単そうに見えますが、検索ボリュームの多いキーワードで対策をすると、
コンバージョン率(成約率)が低くなり、費用対効果を期待できません。
より費用対効果の高いキーワードを見つけるには候補となるキーワードを選定し、
検索ボリュームや競合調査を行い、優先度を決めるという地道な作業を行う必要があります。
新しく始めた事業のため、まだホームページ自体がありません。制作依頼をする場合は何が必要でしょうか?
お問い合わせフォームに必須項目を入力してお送りください。お電話でも受け付けております。(06-6241-441906-6241-4419)お客様の商品やサービスがどういった形態のホームページで展開するのが最適か、ご希望のデザインはどのようなものかなどを、ヒアリングを通して確認しご提案いたします。 私たちがホームページでの集客に向けてお手伝いさせていただきます。
そもそも、SEOをよく知らない。
SEO対策を行なうには、専門の知識が必要です。
専門書やネットを見ても、その対策自体がすでに過去のものとなっていることも多く、
間違った方法で対策をしても上位化はされません。
場合によってはペナルティを受ける場合もあります。
また、上位表示された後も常に対策が必要で、変化に対して柔軟に対応しなければ、
順位が下がってしまう可能性があります。
相応のテクニックと知識を持ったSEO技術者がいなければ、自社でSEO対策をするのは非常に難しいのが現状です。

ご依頼・契約について

個人からの依頼でも制作してもらますか?
法人様・個人事業主様を対象としております。個人の場合はお受けできないこともあります。まずはご相談ください。
受注できない業種などありますか?
成人向け、出会い系、カルト宗教、反社会勢力の関わる団体・会社、犯罪に関わる内容、その他当社が不適切と判断した場合にはお請けできませんので、ご了承ください。

その他

チャットなどでの打ち合わせは可能でしょうか?
初回の打ち合わせは、なるべくお会いして行わせていただきます。確認等はメールやチャットで構いません。遠方のためお会いすることが難しい場合は、ビデオチャット等での打ち合わせも可能ですのでご相談ください。

Designed by Freepik and distributed by Flaticon