スマートフォンサイト制作のイラスト

スマートフォンサイト制作

スマートフォンをはじめとするモバイル端末は爆発的に普及しました。
自宅にパソコンがなく、タブレットとスマートフォンしかないという人も中にはいるほどです。
屋内では無線のWIFIを使用し、屋外の場合は4GやLTEを利用する。それが一般的になっています。
2020年のオリンピックでは5Gが利用され、さらなる通信速度の向上が進めば、
スマートフォンを代表するモバイル端末の利用者は、ますます増えていきます。
まだ対応していない場合は、すぐにスマートフォンサイトを作成することをオススメします。

スマートフォンに最適化していないのは、もう時代遅れのイラスト

スマートフォンに最適化していないのは、もう時代遅れ

パソコンなどの大きな画面専用のホームページデザインにいくらお金と時間をかけたとしても、スマートフォンでのアクセス数や利用者数が多いのであれば意味がありません。「文字が小さすぎる」「ボタンが押しにくい」「flash動画が見れない」などの問題があっては、いくら良いデザインであっても台無しです。むしろスマートフォンに対応していないことで、閲覧者から「時代遅れ」と見られてしまう恐れもあり、ブランディングの視点からもマーケティングの視点からもとても勿体ない事です。
まずやらなければならない事は、現在のホームページへのアクセス数やPCとスマートフォンなどのモバイル端末の閲覧比率を解析によって調べる事です。業界によって比重は変わってきますが、BtoCサイトの場合、その比率の多くはスマートフォンに片寄る場合が多いです。「検索」することができて、そのまま「電話」や「予約・メール」ができてしまうこの端末を、より活用できるようにするために、小さな画面でも読みやすく使いやすくしていく「ユーザビリティ―の向上」を目指した設計・最適化が必要です。

詳しくは「よくあるご要望」で
ご確認ください

スマートフォンサイトを制作してもらいたいの画像
スマートフォンサイトを制作してもらいたい
スマートフォンから閲覧者数が多いサイトなのに、ユーザーが使いやすいように最適化するのを忘れていませんか?
そろそろ集客のためにスマホサイトを最適化しましょう。
必ずしもPCサイトを作る必要はありませんのイラスト

必ずしもPCサイトを作る必要はありません

スマートフォンサイトとPCサイトをレスポンシブで作成する理由は、1つのhtmlファイルだけで対応できるようにすることで「デバイスが違ってもデザインの印象を一致させるため(ブランディング)」「更新をしやすくしするため」「修正忘れを無くすため」「検索での表示URLを1つに集中させるため」などがあげられます。ですが、これらをクリアするために必ずレスポンシブで作る必要はなく、スマートフォンサイトだけを作成するという方法をとることができます。スマートフォンサイトをそのままパソコンのブラウザで表示させるこの方法は、キャンペーンサイトなどでよく見る方法です。PC専用サイトを作る必要がないため「コスト削減」「動作チェックのスピードアップ」「制作スピードアップ」などの利点があります。キャンペーンサイトの場合公開期間が数か月など、少ない期間しか見ることができないサイトも多々あるため「コスト」「スピード」は重視されます。また、SNS連動企画などの場合、ユーザーの行動すべてをスマートフォン内で完結させることができるため、キャンペーンへの参加率も上がることは間違いありません。そのため、目的によっては必ずしもPCサイトを作る必要はなく、弊社ではスマートフォンのみのご提案にも対応しています。

スマートフォンサイト制作に関するよくあるご質問

スマートフォンサイト制作のご依頼時にお客様からいただく質問をまとめています。

スマートフォンサイトを作成していただき、それをパソコンでも見れるようにできますか?
スマートフォンサイトのように縦長の画面にはなってしまいますが、パソコンでも表示させることは可能です。
他の簡単な方法として、パソコンでは画面の両端に写真やデザインを入れた背景を配置する方法があります。
キャンペーンサイトなどでよく利用される方法ですのでオススメです。

Designed by Freepik and distributed by Flaticon