STAFF BLOG

リスティング広告のメリットとデメリット+運用で成果を上げるためのポイント

リスティング広告のメリットとデメリット+運用で成果を上げるためのポイント

ウェブ広告にはいくつも種類があります。例えば下記のような広告がありますよね。

・ブログやまとめサイトなどでよく見るディスプレイバナー広告
・SNS上で展開されていることが多い、ユーザーから見て広告のようにあまり感じないネイティブ、インフィード広告
・Youtubeなどの動画媒体やSNSに多い、CMのような動画広告

そんな数多くのウェブ広告のなかでも、目的を明確に持ったユーザーにアプローチできるのが、
今回のお題である、GoogleやYahoo!検索の検索結果に合わせて表示される「リスティング広告」です。

ただ、ひとえにリスティング広告といっても
「聞いたことはあるけどよくわからない。インターネット上の広告のこと?」のように、
どういった広告の事なのか詳しいことはわからない。という方も多いのではないでしょうか。

運用で成果を上げるためのポイント

リスティング広告とは?

リスティング広告とは、Yahoo!やGoogleなどの検索エンジンで検索した際に、その検索結果に対して表示される広告のことです。
ユーザーが検索したキーワードと関連性の高い広告が掲載されるため、購買意欲の高いユーザーに対して広告を掲載、PRすることが可能です。

上記の事から、リスティング広告出稿には下記のような目的を持った企業さまや、業態の企業さまにおすすめします。
・ブランディングしたいわけではない
・今すぐ成果を上げたい
・見込み客へアプローチしたい
・「エアコン修理」「トイレ詰まり」「鍵をなくした」のような急なトラブル対応の業態
・その他ほんとにいっぱいあります・・・

こういったことから、スグに成果を上げたい。目的を明確に持ったユーザーにアプローチしたい場合にオススメのウェブ広告が、リスティング広告なのです。
確実に集客数を増やし、見込み客へ的確にアプローチしたい場合、即効性のあるリスティング広告が間違いなくおススメです!

例えばGoogleで『美容室』と検索すると、検索結果の上部と下部に美容室に関連する広告が表示されます。
ということは、美容室に興味を持っているユーザーにだけ、目立つ箇所に広告として表示することができるという訳です。
また、出稿期間や予算、広告を表示させたいエリアなど、
すべて広告主・運用者側で決定できるため、手軽に始められることもポイントです。
さらに、広告がクリックされた分だけ費用が発生するため、無駄なコストがかかりません。

下記は、「Googleアドワーズ」「Yahoo!プロモーション広告」で、PCとスマホそれぞれの端末で検索した際の実際の広告表示例になります。
検索キーワードと関連性が高い広告になるので目標達成率が高く、検索結果上部に表示されることからクリックのされやすさが特徴です。

Google・Yahoo!検索結果の広告

リスティング広告のメリットとは

リスティング広告はメリットだけという訳ではありません。デメリットもあります。
まずは、リスティング広告を利用した場合のメリットを見ていきましょう。

見込み客にアピールができる

見込み客の可能性が高い、優良なユーザーへ広告を表示します。
見込み客とは、ある商品やサービスを買う可能性のある。または強い興味関心をもっている人の事を指します。

リスティング広告の一番のメリットは、この“見込み客へアピールできる”点です。
目的をもって検索するという行為は、その検索ワードについて知りたいという気持ちが引き起こす能動的な行動です。
そういったユーザーに関連性の高い情報を見せることができれば、広告効果が高くなるということは想像できますよね。

例えば、
「ランチ」というワードで検索する人は、ランチできるお店を探している人がほとんどです。
そういったユーザーに「ランチ」のできるお店の広告を検索結果の目立つところに表示させるとどうでしょう。
クリックされる確率は高く、来店につながる可能性も高くなります。

こんな風に、見込み客の可能性が高いユーザーにのみ広告を表示することができる
というのはリスティング広告を運用する大きなメリットの一つです。

低予算からスタート可能

クリックされて初めて費用が発生する「クリック課金型」だから低リスク。
リスティング広告は、クリックされて初めて費用が発生する「クリック課金型」のインターネット広告です。広告が表示されるだけでは費用は発生しません
そのため、いきなり大きな広告予算が必要という訳ではなく、余計なリスクをかけずに低予算からスタートすることができます

広告掲載まで早い

広告掲載がスグにできる。
リスティング広告は出稿が決まってから審査~掲載までの時間が早く、出稿さえ決まってしまえば数日以内に掲載が可能です。
※掲載不可能な業種もあります。詳しくはお問い合わせください。

成果が見える

リアルタイムで成果も見える。
広告掲載が始まるとスグに管理画面上に結果が反映され、成果が見えるようになっています。
費用はどれくらいかかり、何回クリックされたか、どんなキーワードで検索しているのか、など様々なデータが確認でき、費用対効果もみえやすくなっています。
きちんと設定していれば目標到達まで至った数字も、管理画面から確認ができます。

 

リスティング広告のデメリットとは

メリットだけを見ると良い事しかないように思えるリスティング広告にも、数少ないデメリットがあります。
続いてリスティング広告を運用する上での、デメリットを見ていきましょう。

認知拡大目的とは相性が悪い

ブランディング・認知拡大目的とは相性が悪い。
リスティング広告は、目的を明確に持ったユーザーとは相性が良いのですが、
逆に“興味・関心のないユーザー”“興味・関心を持ってもらいたい”場合には、相性が悪いウェブ広告なんです。
ウェブ広告でブランディングしたい、認知度を上げたいという場合は、ディスプレイバナー広告やSNS広告をオススメします。

運用の手間がかかる

出稿・運用管理の手間がかかる。
キーワードの調整や広告作成など細かいターゲティングが可能な分、運用を続け成果を上げていくにはそれなりの手間がかかります。
競合が多い業種の場合、ライバル達よりも成果を上げるためには、
短期間で見ず長期的目線でPDCAサイクルを回し続け、努力を惜しまないように運用しなければいけません。

 

効果を上げるための4つのポイント

リスティング広告は、ただ単に広告掲載を始めただけでは成果が上がりません。いくつものポイントを抑えることによって、より高い効果を得ることができます。
ここではいくつもあるポイントの中から、特に重要と考えられるポイントを3つ紹介します。

リスティング広告で効果を上げるためのポイント4つ

検索キーワード設定

ユーザーがどんなキーワードで検索するのか、また、どういったキーワードが成果につながりやすいのかを想定して設定します。一番の重要ポイントといってもいいでしょう。
AdWords の無料ツールであるキーワードプランナーなどを利用して、より効果を得ることができるキーワード候補を探しましょう。
Google AdWords キーワードプランナー

広告文(広告タイトルと説明分)

ユーザーの視覚に入る部分になるので、できるだけ興味を引く文面にしたいところです。
クリックしてもらえるかどうかの大事なポイント。それでいて移動先のサイトと内容を合わせなければ意味がありません。
もちろん過大広告のようなことは避けましょう。

ターゲット

地域などエリアを絞って展開しているクライアントの場合、こういったことにも気をつけていかなければいけません。
東京のみで展開しているサービスを全国で広告表示させると、コストパフォーマンスが悪くなるということは容易に想像ができますよね。
また、ターゲットユーザーは女性なのか、男性なのかということにも気をつけたいポイントです。
女性だけに見せたい広告の場合には、広告分に「女性のみ」などの文言を入れることによって、無駄なクリックが減ることになります。

LP(ランディングページ)の最適化

リスティング広告でより良い効果を得るためには、キーワードや広告分の設定だけは物足りません。
広告と、広告をクリックした移動先サイトやアプリの内容が一致しなければ、ユーザーはスグに離脱してしまいます。
ランディングページとは、スタートページの事を指します。が、昨今のウェブ業界ではLP(ランディングページ) = 一つの商品やサービスを売るための、一枚の長いウェブページの事を指して言います。
わかりやすく、伝わりやすいページであれば一般的なホームページの流用でも構わないのですが、ユーザーを引き付ける魅力的なサイトで、広告内容と一致した内容であれば成果率もグッと上がるんです。

 

ユーザーの目に留まる広告文の選定が特に重要

上記のような4つのポイントの中でも、リスティング広告で成果を上げるために特に重要なのが、
検索キーワード選定とユーザーの目に留まる広告文の設定です。

最適なキーワードの調査&選定が必須!

ユーザーがGoogleやYahoo!で検索する単語や、単語の組み合わせの事をキーワードと言います。このキーワード設定の良し悪しで広告パフォーマンスが大きく変わってきます。
広告からのリンク先であるサイトへ集客し、ターゲットユーザーをコンバージョン(目標達成)させるためにも、自サイトの内容にハマるであろう見込み客に広告を見せるためにも、様々な関連ワードを設定し、パフォーマンスの悪いキーワードは削除するなどして、最適な広告になるよう選定していきます。

・商品・サービスに関連するキーワードの選定
・単語2つ以上の組み合わせワードを選定
・キーワードをジャンルごとグループごとに分ける
・パフォーマンスの悪い検索語句を除外していく
・検索語句から、想定できる見込みキーワードを追加する

一部ですが、上記のような作業をすることが最適なキーワードの調査、選定ポイントになります。

魅力的な広告文の作成!

広告分は広告バナーと同じで、いかに目を引き本当の事を伝えることができるかが重要です。広告分の内容によってクリック率、コンバージョン率が大きく変わってきます。
さらに様々な広告を作成しテストすることで、よりよいパフォーマンスを上げることができる広告、最適な広告が作成できます。
しっかりと自社の強みやメリットを打ち出し、競合他社との差をつけましょう。

・自社の強み、他にはないメリットや特典を入れる
・登録キーワードを広告分に含める
・見込み客の目を引く文章にする
・様々な広告分を作成し、よりパフォーマンスの良い広告を作成する
・広告オプションなど表示できるものはできるだけ表示

一部ですが、上記のような作業をすることが魅力的な広告分を作成ポイントになります。

 

品質スコアを上げ、最大限の効果を得る

運用でキーワードと広告文を常に最適化していれば、 品質スコアが上がり、効果を最大化できます。

広告グループの構成要素である、「キーワード」「広告」「表示URL先」の関連性を上げることで品質スコアが上がり、広告掲載順位の向上に繋がります。
広告掲載順位が上がると、クリック率が向上し、さらに品質スコアが改善されます。結果、広告効果が最大化されるのです。

 

成果を上げるには手間がかかる

最後に、リスティング広告で成果を上げるには、それなりに手間暇がかかります。というお話を。

市場は常に変動するため、リスティング広告は様々な施策を繰り返し実施して運用しないと効果は持続しません。
リスティング広告は誰でもできるし、最初に設定さすれば後は何にもしなくてOK。と勘違いしている人も多いのですが、それではパフォーマンスをさらに上げることはできず、上げることができないどころか下がることもあります。

突き詰めていくと意外と手間がかかる。それがリスティング広告運用なんです。

リスティング広告運用代行はマークスへお任せください!

関連記事

pagetop