STAFF BLOG

実店舗オーナー様必見!!Googleマップ上位表示による集客方法とは?

MEO(Map Engine Optimization)とは?

MEOはMap Engine Optimizationの略で主にGoogle Mapに対する地図エンジン最適化(マップ検索エンジン最適化)の事をさします。

SEO対策と同様にMEO対策を実施する事でGoogle Map利用者がMEO対策を実施した検索キーワードを入力して検索した場合、
検索結果が上位に表示されるとGoogleマイビジネスへのアクセス数が増えたり、その内容を見て利用者の期待に添う内容であればそのまま
Google Mapの経路案内を利用して来店に繋げる事が可能です。

MEO対策もSEO対策と同様に日々検索順位を確認しながら様々な対策を行い且つ継続する事が必要となります。

例えば、「地名+居酒屋」などを検索してこのような地図が表示されたことありませんか?
この表示で上位表示を狙っていくのがMEOです。

MEOで上位表示されるとどんな効果があるの?

上位表示されるともちろんホームページへのアクセスが増える可能性もあります。
検索エンジン結果の3位や4位くらいから地図とお店が表示されることが多いので、
例えば「南船場+居酒屋」で検索した人は、「ここから近い居酒屋がいいな」という気持ちを抱いているため、
上記のような地図を見たうえで検討段階に入るのかなり見込みは高くなります。
SEOとは異なるロジックで上位表示される為、SEOで上手くいかなかったときのリスク回避にもなります。

まずはGoogleマイビジネスを登録


Googleマイビジネスについてはコチラ

Googleマイビジネスで、Googleプレイスの登録を行い、Google+のページを作りましょう。
お店の情報を正確にしっかり情報を埋めていきましょう!
お店のことがよく分からない状態だとすぐにページから離脱していしまうので、
ホームページへのURL、住所や電話番号等を正確に記入しましょう。

MEO対策の重要性

MEO対策を行うのと行わないのでは表示順位に大きな差が出るので、集客に大きな差が生じるリスクがあります。
店舗や施設への集客を担う立場であれば今後MEO対策は上位表示でアクアセス増加を狙う上で無視できない対策となってきています。

1.スマートフォン利用者の増加

ここ数年スマートフォンの普及は著しく、Webサイトへのアクセスの50%以上はモバイル端末からのアクセスです。
プライベート利用での店舗検索等の場合はそれらを上回る、60%以上がモバイル端末からのアクセスになってきています。
行きたい店舗を探す際に外出先からスマートフォンで検索し、表示された検索結果の地図を元にナビ機能を使って店舗へ訪問する利用者も増えてきています。

2.リスティング広告の入札単価は高額に推移

リスティング広告はGoogleやYahoo!で検索した際に検索結果の上部や横に表示される広告の事で、
各企業がこぞって重要なキーワードに対して広告入札するため入札単価は跳ね上がる一方です。

これらを考慮すると、MEO対策は結果が出るとコスパが高く店舗をもつビジネスにおいては
とても有効な集客手段の為、ホームページで集客を行う店舗にとってMEO対策は必須の対策といえます。

MEO対策で行う重要な施策とは?

・GoogleマイビジネスでGoogleプレイスの登録と最適化

・Google+ページの登録と最適化

・クチコミ(レビュー)評価を集める

・ストリートビュー(室内)の撮影と写真投稿

当社でもストリートビュー360°写真を撮影して掲載しみました。


360°ストリートビュー

MEO対策はSEO対策とは別の施策ですので異なるロジックで上位表示が狙えます。

コツさえつかめばSEO施策よりも地域に絞り込んで戦える手法であり、効果抜群の集客対策です。
SEO対策、MEO対策の両方を十分に行う事が集客でライバル店舗に差をつける重要な成功要因になると考えます。

実店舗オーナー皆様の集客の参考になれば幸いです。

 

 

関連記事

pagetop