STAFF BLOG

【Twitter】企業公式アカウントがツイートすべき時間帯とは?

こんにちは!マクちび👶🏻🍼です。

「ツイートって、何時にするかで結果変わるのかな?」

そう思ったことはありませんか?

「いや、変わらないでしょ、だってフォロワーさんのタイムラインには表示されるし、見てくれてるでしょ」

いえいえいえいえ!
その考えは非常に危険です!!
むしろ逆で考えてください。
見てもらえたことが奇跡!笑

流れの早いTwitterでは常にリアルタイム、トレンドが求められます。
フォロワーさんのタイムラインには常に数百アカウントのツイートが目まぐるしい速さで流れていて、そのうちの1つに目を止めてもらわないといけないので、ツイートを見てもらうという作業は非常にシビアなんです。

コアなファンがつけば、あなたのツイートを通知して見てくれるし、わざわざあなたのページに来て過去のツイートも見てくれるでしょうけど、ファンを獲得するということはなによりも難しい・・・。

そこで今回は、ツイートを少しでも多くの人に見てもらえる時間をアンケートで調べてみました。

アンケート結果

集計期間:1週間
インプレッション:14,106
投票数:543

「何時のツイートが一番反応してくれるのか」

というアンケートに対する結果、かなり偏りました!

20時~22時が70%オーバー!

他の時間帯は
15時〜17時 13%
11時〜13時 10%
6時〜8時 7%
と、ほぼ横ばいに。

他サイトの調査では?

ツイートの反応時間についでは、すでに色々なサイトで言及されています。

どのサイトでも平日は「21~22時頃が最もアクティブユーザーが多い」という結果が出ているようです。
これは弊社のアンケートと同じ結果!

日中でいえば「昼の12時」が多いみたいですね。

土日の方が全体的にツイートが多く、盛んな時間帯はやはり夜のようです。
「Twitterは朝5時台が一番拡散されやすい」なんていうデータもよく見かけます。

深夜枠の方もちらほら・・・。

ピークの時間帯は修羅の道

「じゃあ21時にツイートして多くの人に見てもらおう!はい解決!」

ちょっと待ってください。
そういう簡単な話でもないんです。

ピークタイムを狙うということは、それだけタイムラインには激しくツイートが流れていて、いわば激戦区の状態なんです!

アクティブユーザーが多い=ツイートを見てもらえる

という図式は簡単には描けないのです。

じゃあどうすれば。。。( ;´Д`)

「B to B」か「B to C」かによっても違ってくる狙うべき時間帯

結論を出す前に大切なのが、あなたの会社のサービスが「B to B」なのか、「B to C」なのかという点。

もし「B to C」ならば、ここまでの結果を踏まえた時間帯でのツイートも有効かと思いますが、
「B to B」ならば、状況は一転します。

なぜか?

企業のTwitter担当者は、業務時間外にTwitterを見ていないことが多いからです。
なので、例えば21時にツイートしても、一般の方は見てくれても企業のTwitter担当者は見ていない可能性が非常に高い、ということになります。

企業アカウント同士の交流が盛んなTwitterでの「B to B」ならば、一般的な会社の営業時間に合わせるのがいいでしょう。

結論、いつツイートしたら一番見てくれるの?

それではいよいよ結論、いつツイートするのが一番見てもらえるのか?について。

アンケートの結果や、他サイトの集計ではお昼12時、夜21~22時がピークタイムのようですが、その分激戦区状態で見落としの可能性も高い。

かといって、人気のない時間帯を狙っても誰も見てくれない可能性が・・・。

僕が出した結論としては、狙うべきは「ピークタイムが始まる直前」がいいかなと思います。

ピークタイムがお昼の12時なら11時~11時30分に。

夜は21時に合わせて20時~20時半に。

ちなみに早朝5時が最もリツイートされやすいという調査結果に関しては、一度自分で試してみるのもいいかもしれませんね。
※決して僕が低血圧で早起きが苦手だから調査したくないわけではありません!←

ながながと書きましたが、調査サイトや国によっても微妙に違う狙うべきツイート時間。

本音を言ってしまえば、「面白いツイートならどの時間帯でも拡散されて見てもらえる」と思います。

だから、我々企業アカウントがすべきことは有効なツイート時間を調べることではなく、多くの人が思わずあなたのファンになってしまうような楽しいツイートを心がけることなんです!!!

最後、こんなハイパー本末転倒オチでも大丈夫ですか?

「なにやってんだ!記事読んだ時間返せ!」

と思ったそこのあなたは弊社TwitterにDMをください。
一緒に面白い企画を考えましょう( *´艸`)

関連記事